2019年7月29日月曜日

FC加入した小規模デイが売り案件で多く出ている現状

デイサービスのフランチャイズ、結構な数で増え続けていたが、
ここ数年は勢いが無いようだ。

企業売買やM&Aのサイトでは、
フランチャイズ介護施設の売り物件の数が結構出ている。
その多くは機能訓練型の小規模なデイサービスだ。
そしてこうした案件は、赤字の物件も多いようだ。

一時期、
小規模なデイサービスは初期投資が抑えられ、
参入障壁が低いためフランチャイズが猛烈な勢いで増えた。

しかし、残念なことに報酬構造の変化とともに、
小規模デイのビジネスモデルは崩れ去り、
多くの介護フランチャイズ本部は
開設の関するノウハウが先行し、
開設後の運営ノウハウに対しては、
その運営ノウハウの蓄積や深度が浅いために、
開設後の運営が黒字化が困難となり、
赤字が続く事業者が増え、
行き詰まり最終的に売りに出されている状況だ。

原因の多くは、
事業計画の甘さが多いようである。
半年後や1年以内に黒字化は、
よほど好条件が重ならない限り実現は難しい。

更に介護保険はルールや報酬構造がコロコロ変わる為、
長期的な安定したビジネスモデルの構築が難しいという視点に欠けている事である。


介護ビジネスは、
コンビニの様にフランチャイズの名称によって事業所が選ばれる事は少ない。
それぞれの事業所の地道な信頼と実績を積み重ねが必要である。

かがやきのれん会も
他の介護ビジネスのフランチャイズと勘違いされ、
加入を希望される方がいる。

しかし、こうした方々に対しては、
ニーズはあっても、
保険点数に左右される儲からないビジネスであることを説明する。

すると、話を聞いた方は、
儲かりそうなビジネスモデルを提示するほか他のフランチャイズ企業に向かうか、
介護事業の参入を辞める
のどちらかを選択されるようだ。

儲からない苦労話をして、
自ら加入者を断っているような私のスタンスでは、
ビジネスとしては失格であろう。

しかし、私は、かがやきのれん会を
単に広げれば良いとも考えていない。
しっかりと同じ方向性を見れるパートナーでなければ
成功しないと考えているからである。

また介護事業はほかの事業とは異なり、
社会的なインフラの側面が強い事業でもある。

ビジネスだけの視点ではなく、
ビジネス+αが無ければ、
介護ビジネスの成功は難しい。











0 件のコメント:

コメントを投稿

FC加入した小規模デイが売り案件で多く出ている現状

デイサービスのフランチャイズ、結構な数で増え続けていたが、 ここ数年は勢いが無いようだ。 企業売買やM&Aのサイトでは、 フランチャイズ介護施設の売り物件の数が結構出ている。 その多くは機能訓練型の小規模なデイサービスだ。 そしてこうした案件は、赤字の物件も多...