2020年3月19日木曜日

こんな状況だからこそ安全性を高め行動する。

新型コロナの影響が大きく出始め、
情報が少ない為、
不安が高まり
真偽が分からない怪情報も広がり始め、
風評被害も出始めている。

こんな時こそ、
冷静にに情報を整理し対応しなければならい。



かがやきでは、
通常時でも消毒をはじめとする衛生管理や、
業務前の職員健康チェックを行い安全管理の意識を高めているが、
新型コロナが国内で増え始めた頃から
更警戒を高め、
健康チェック時の検温の時間差2重チェックや、
送迎車の消毒の徹底な
通常より一段階安全の意識を高めている。

これまで通常時も
系列の訪問看護部門では、
訪問する看護師全員にスプレーボトルと消毒用のアルコールを携帯してもらい
衛生管理を徹底していたが、

デイサービス部門においても、
通常の体制に加えて、
利用者様の安全と職員の安全も考慮し、
職員全員にスプレーボトルと消毒用のアルコールを携帯してもらえる体制を整え
衛生管理を高める事にした。

既に様々の物資が不足し、
衛生管理用品の在庫も少ないが、
近隣でクラスターが発生した事を考えると、
今この時期にしっかりとした対応しなければならない。
躊躇はしていられない。

何が起こるかわからないが
しっかりと対応できるように
心の準備もしておかなければなない。

2020年3月2日月曜日

新型コロナウイルスでメッキが剥がれた日本。

新型コロナウイルスの影響が大きい。
マスク無し、
消毒用のアルコールも無し、
更にはテッシュやトイレットペーパーまで無くなっている。

買い占めた不足品を転売し暴利を貪る。

首相が学校に休校要請。
子供を持つ家庭は大混乱。
それ対して休校しないと反対する自治体首長が現れ、
住んでる町ごとに対応が分かれ、足並みも揃わない。

株価は暴落し
体力のない会社が倒産し始める。

介護施設も情報が錯綜し、
独自の解釈でサービス提供を行う法人も現れ、
正しい情報が手に入るまで時間を要する。

こうして最近のニュースを淡々と書いてみると、
世紀末を描いた物語のようだ。

安倍政権が目指した「美しい国に日本」。
どこが「美しい」のだろうか?
不況ととともにメッキが剥がれた日本が見える。







介護保険次期改定に望む事。

 来年4月の介護保険のついての改定がある。 コロナ禍の影響もあり、事業者へ支払われる介護報酬UPが期待されているが、審議会の議事録を読んでいると楽観はできなそうだ。 デイサービスに関しては、報酬構造がかなり大きく変えられそうでもある。 前回の改定時同様に報酬構造を変えてしまい、取...