2019年10月24日木曜日

自動車走行税!?

自動車走行税という税金が検討されているらしい。

公平な税負担というのが大義名分らしい。

既に海外の一部の国では導入されている。

公平という大義名分が本当であれば、
ガソリン税が無くなるのであろうが、
そんな「公平」な政策はありえないだろう。

ガソリン税に加えて走行税の課税となると
私の住む車社会の田舎は、ますます住みにくなるだろう。

そんな悲観めいた時こそ、
この機を好機と捉えて前に進み続けるモノが生き残り続ける。












医療保険の財布から介護保険の財布に・・・。そのツケは介護事業者に。

 数年前に「医療のリハビリ」、「介護のリハビリ」という言葉が生まれ、 医療保険の財布から支出していた維持期のリハビリは、 この便利な言葉の元、「介護のリハビリ」として介護保険の財布から支出に摺りかわり、 更にリハビリに関しては制限を設けつつ予算を圧縮し続けている。 同じような手法...