2020年11月19日木曜日

訪問看護ステーションからのリハビリ職訪問

第192回社会保障審議会介護給付分科会では、訪問看護ステーションからのリハビリ職の訪問がやり玉に挙げられていた。

訪問看護ステーションからOT.PTがリハビリ目的患者様のリハビリを行うのは趣旨の添わず、けしからんとの事。

しかし、医師会、看護協会の代表者は会議に入るが、当事者のOT、PT、STの代表者はこの会議の場にすら呼ばれず、発言もできない。

リハビリの専門家がリハビリについての話し合い読んでもらえない状況で、リハビリについて話し合われ、介護保険でのリハビリが決められている。介護保険がスタートして以来、こうした状況は続いている。滑稽としかい言いようがない。

いつまでたっても会議に呼んでもらえず、物が言えないOT、PT、STの職能団体も情けないが、同時にリハビリ専門職の質の低下が著しいのも事実。とても専門職とは言えない職能集団と思われ呼ぶ価値すらないと思われているのかもしれない。

「訪問看護でリハビリを行う事が筋違いなら、訪問リハビリステーションをOT,PTが開設できるようにすればいいじゃないか!」と単純に思うのだがだ、そこは大きな利権が絡む話なので医師会も看護協会も黙ってはいない。お上はお上で、自分達が天下れない利権構造には興味もないし、介護保険の支出が増えても困る。かなり偏った見方だが、当事者抜きに会議では、こんな風に思われてもしかたないだろう・・・。

しかし、それでもリハビリは必要とされている。リハビリを必要としている人達にサービスが届かなくなる改正だけは避けて欲しい。








0 件のコメント:

コメントを投稿

訪問看護ステーションからのリハビリ職訪問

第192回社会保障審議会介護給付分科会では、訪問看護ステーションからのリハビリ職の訪問がやり玉に挙げられていた。 訪問看護ステーションからOT.PTがリハビリ目的患者様のリハビリを行うのは趣旨の添わず、けしからんとの事。 しかし、医師会、看護協会の代表者は会議に入るが、当事者のO...