2020年3月19日木曜日

こんな状況だからこそ安全性を高め行動する。

新型コロナの影響が大きく出始め、
情報が少ない為、
不安が高まり
真偽が分からない怪情報も広がり始め、
風評被害も出始めている。

こんな時こそ、
冷静にに情報を整理し対応しなければならい。



かがやきでは、
通常時でも消毒をはじめとする衛生管理や、
業務前の職員健康チェックを行い安全管理の意識を高めているが、
新型コロナが国内で増え始めた頃から
更警戒を高め、
健康チェック時の検温の時間差2重チェックや、
送迎車の消毒の徹底な
通常より一段階安全の意識を高めている。

これまで通常時も
系列の訪問看護部門では、
訪問する看護師全員にスプレーボトルと消毒用のアルコールを携帯してもらい
衛生管理を徹底していたが、

デイサービス部門においても、
通常の体制に加えて、
利用者様の安全と職員の安全も考慮し、
職員全員にスプレーボトルと消毒用のアルコールを携帯してもらえる体制を整え
衛生管理を高める事にした。

既に様々の物資が不足し、
衛生管理用品の在庫も少ないが、
近隣でクラスターが発生した事を考えると、
今この時期にしっかりとした対応しなければならない。
躊躇はしていられない。

何が起こるかわからないが
しっかりと対応できるように
心の準備もしておかなければなない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

医療保険の財布から介護保険の財布に・・・。そのツケは介護事業者に。

 数年前に「医療のリハビリ」、「介護のリハビリ」という言葉が生まれ、 医療保険の財布から支出していた維持期のリハビリは、 この便利な言葉の元、「介護のリハビリ」として介護保険の財布から支出に摺りかわり、 更にリハビリに関しては制限を設けつつ予算を圧縮し続けている。 同じような手法...