2020年3月2日月曜日

新型コロナウイルスでメッキが剥がれた日本。

新型コロナウイルスの影響が大きい。
マスク無し、
消毒用のアルコールも無し、
更にはテッシュやトイレットペーパーまで無くなっている。

買い占めた不足品を転売し暴利を貪る。

首相が学校に休校要請。
子供を持つ家庭は大混乱。
それ対して休校しないと反対する自治体首長が現れ、
住んでる町ごとに対応が分かれ、足並みも揃わない。

株価は暴落し
体力のない会社が倒産し始める。

介護施設も情報が錯綜し、
独自の解釈でサービス提供を行う法人も現れ、
正しい情報が手に入るまで時間を要する。

こうして最近のニュースを淡々と書いてみると、
世紀末を描いた物語のようだ。

安倍政権が目指した「美しい国に日本」。
どこが「美しい」のだろうか?
不況ととともにメッキが剥がれた日本が見える。







0 件のコメント:

コメントを投稿

医療保険の財布から介護保険の財布に・・・。そのツケは介護事業者に。

 数年前に「医療のリハビリ」、「介護のリハビリ」という言葉が生まれ、 医療保険の財布から支出していた維持期のリハビリは、 この便利な言葉の元、「介護のリハビリ」として介護保険の財布から支出に摺りかわり、 更にリハビリに関しては制限を設けつつ予算を圧縮し続けている。 同じような手法...