2019年7月23日火曜日

国会のノーマライゼーション

先日の参議院選挙ですごい事が起こった。

重度の障害を持つ国会議員が同時に2人も誕生した。
日本では、初めてだろうが、
海外でもあまり例がないのではないだろうか?

マスコミはあまり大きく取り上げていないが、
私は歴史的な出来事だと思う。

重度障害者の国会議員誕生について、
背景には色々な思惑があるのかもしれない。
そして、重度障害者の国会議員について様々な意見があるとも思うが、
実際に誕生しなければ、
こうした様々な意見も生まれはしない。

だからこそ、実際に誕生したという事にスゴイ大きな意味がある。

お二人が重度障害者という事で傀儡になるのではいう意見も見られるが、、
こうした意見には大きな誤解がある。
日本の現状は政党政治なのである。
そしてお二人は政党の党員である。
党の政策に基づき政治活動を行う議員なのである。

お二人の当選時に、
党首がギネスに申請できるのではとコメントしていたが、
そうした党首の残念に感じるコメントや
お二人の所属する政党の政策には、
私は賛同は出来ない部分もあるが、
それを差し引いても
個人的にはお二人の国会での活躍に期待したい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

FC加入した小規模デイが売り案件で多く出ている現状

デイサービスのフランチャイズ、結構な数で増え続けていたが、 ここ数年は勢いが無いようだ。 企業売買やM&Aのサイトでは、 フランチャイズ介護施設の売り物件の数が結構出ている。 その多くは機能訓練型の小規模なデイサービスだ。 そしてこうした案件は、赤字の物件も多...